SIMフリースマートフォンやタブレット端末の購入時に注意することとは?


月額料金が安い格安SIMを契約し、SIMフリースマートフォンやタブレット端末に挿入しても満足のいく通信速度が得られないといった問題があります。

特にU-mobileやY!mobileといった格安SIMを契約している方で通信速度が予想以下の理由に多いのは、使用する端末の電波周波数帯が対応していないという問題があります。

現在、日本国内で販売されているSIMフリースマートフォンやタブレット端末の多くは、docomo系の通信回線に対応したものが多く、プラチナバンドと呼ばれる周波数帯を気を付ける必要があります。

U-mobileやY!mobileの通信回線は、元々の通信回線網がSoftbank系となるため、プラチナバンドの周波数帯は900MHzになります。

しかし、実際に販売されているSIMフリースマートフォンやタブレット端末では、この900MHz帯に対応したものが少なく、docomo通信回線網で利用される800MHzの電波を拾うようになっています。

つまり、U-mobileやY!mobileの格安SIMを利用しても、900MHzが利用出来ないため、通信回線網の持つ本来のデータ通信速度を十分に使い切れていないのが実態です。

そのため、U-mobileやY!mobileのSIMが遅いと感じてしまうことに至っています。