格安SIMとスマホのセットは高くなる?


今では、様々なMVNOから格安SIMとSIMフリースマートフォンやタブレット端末をセットで販売するケースが増えています。

しかし、折角月額料金の安い通信サービスに乗り換えても、初期投資が高かったりサポート費用が高いというデメリットがあります。

そもそも、格安SIMとスマートフォンをセット購入すると本来は安価に購入可能な端末でも、メーカー販売価格で購入することとなり、インターンネット通販では半額で購入出来る上、端末の保証プランにまで加入してしまうことになります。

結果として、格安SIM自体に大手キャリアのような年数縛りはないものの、高額な端末を分割購入してしまうため、自ら2年縛りを生み出してしまうことに繋がります。

また、端末の保証プランは格安MVNOでも月額500円が一般的であり、2年間契約してしまうと12,000円もの出費になります。実は、この金額だけで低価格でコストパフォーマンスの高いFREETELのSIMフリースマートフォンを購入出来てしまう金閣になります。

また、最近のSIMフリースマートフォンの主流は、ASUSHUAWEIが高いシェアを占めており、3万円から4万円近い金額を支払うことになります。

ですが、MVNOから購入する場合、この価格は市場価格が下がっても、同じ金額を分割支払いするため、非常に無駄になっています。

そのため、スマートフォンは自給し、メーカー保証以外は加入しないというのがおすすめです。実際、端末自体の故障は1年間はメーカー保証があるため、最低でも6000円は無駄にしています。