税理士に関する情報が満載!

税理を考える

税理士と公認会計士を比較する

税理士と公認会計士という資格は共通していることもあれば、違う点もあります。
この二つを比較して理解をしておけば、何か相談が必要になった時にどちらに依頼すべきかをすぐに判断できるでしょう。
この二つの資格の共通点は、どちらも決算書の作成等に関連する国家資格であり、どちらもそれぞれ独占業務を持っている点、さらに企業を顧客にしていることが多い点でしょう。
しかし、そういった共通点を持ちながらも相違点の方が多いかもしれません。
まず、仕事の内容が違います。
税理士が税の専門家としてさまざまな税金の相談に乗りますが、公認会計士は企業の決算内容を監査するのが仕事です。
また、顧客層が違います。
税理士は中小企業が主な顧客層になり、場合によっては個人事業主や一般消費者も顧客になり得ます。
しかし公認会計士は会計監査が法的に必要となる大企業が顧客になることがほとんどでしょう。
さらに資格試験の制度にも違いがあり、公認会計士が一発で合格する必要があるのに対し、税の専門家としての資格は科目合格制度がとられています。

税理士と社会保険労務士を比較する

税理士と社会保険労務士は、ともに中小企業の顧問になって専門的なアドバイスをしたり、書類の作成代行等を行ったりすることが主な仕事ですが、比較をすることによってその役割の違いをしっかり理解しておく必要があるでしょう。
税理士の専門領域は税金で、中小企業であれば主に法人税、消費税そして事業税と住民税等に関するアドバイスをすることが仕事です。
一方、社会保険労務士は労働法と社会保険の専門家です。
そのため、社会保険の被保険者の加入手続き代行や就業規則に関するアドバイス、さらには従業員との労務トラブル解決と未然防止などに関することが仕事です。
それぞれ別の独占業務を持っているということです。
ただこの二つの資格が行う業務にも、特に人件費の部分で大きな共通項があります。
給料からは所得税と住民税の天引きがあり年末調整ではしっかりとして税額計算実務がある一方で、全額支払いの必要性や残業手当の計算等は労働法と密接なつながりがあります。

Valuable information

ヌースマインドを検討する

最終更新日:2019/1/11


TOPへ

『税理士 比較』 最新ツイート

@ksmb_ksrp

時代が違うから単純比較できないけど、父親は大学在学中に2年で税理士官報合格決めた後、会計士試験に落ちて税理士として仕事始めた。ぼくが会計士試験受かった時、「自分が駄目だった試験に受かってお前は凄い」と言われたんだが、いやいやいやいや、という感想しかなかった。

56分前 - 2020年10月30日

@DaiTakamura

@ryukkeryukkee データは取りようがないでしょうね。ミスがあっても顧問税理士も顧客も気づかないままで、税理士変更後の税理士が気付くけど黙って尻拭いする、みたいな感じですから。逆に比較してやらかしてないというデータもあればいいのですが。

2時間前 - 2020年10月30日

@ryukkeryukkee

@DaiTakamura 会計士出身税理士の方が他の括りと比較してやらかしているデータとかってあるんですか? 主観ですが自分の尊敬している税理士さんは会計士出身なので

4時間前 - 2020年10月30日

Copyright(C) 2015 税理を考える All rights reserved.