税理士に関する情報が満載!

税理を考える

相続税の計算は税理士に依頼する

相続税の基礎控除額が縮小されたこともあり、今後は相続税を支払う必要がある人が増えるといわれています。
もし、相続税の支払いが必要になった場合はその資金があるかどうかが不安ですが、その前段階として、税額が発生するか否か、発生するとすればいくらなのかを知る必要があります。
税金の計算方法自体はそんなに複雑ではなく、基礎となる数値があれば素人でも申告書を作成することは可能でしょうが、実は一つ一つの財産評価額を確定するのが意外と難しいのです。
もし多数の財差がある場合は、この評価額の決定が非常に大変になりますので、この部分を税理士に依頼するといいでしょう。
さらに、税法上の特例を使い漏れることがないようにするためにも、最終的な税額計算と申告書の作成まで任せた方が安心かもしれません。
もちろん報酬を支払う必要がありますが、間違った理解と計算で納税をしてしまうようりはいいでしょうから、税理士に依頼する意味は大きいはずです。

相続発生で税理士と弁護士にサポートを求める

家族が亡くなると、遺族は、当面はお葬式等の対応で手一杯になるでしょう。
しかし、初七日が終わり、各種民間保険、社会保険の死亡に関する手続きを終えたあたりから、次の手続きを考えなければいけません。
それが相続です。
これには税金に関することと、遺産分割に関わることの二つの分野が存在します。
税金に関しての専門家は税理士、遺産分割については弁護士が主な専門家といえるでしょう。
税金に関しては、亡くなった方の財産が多くなければ税は発生しませんので依頼する必要はないかもしれませんが、配偶者の特例を使うと税額がゼロになる場合等のケースは申告書の作成が必要になります。
そのため、税理士に依頼する方がいいかもしれません。
一方の遺産分割は、少額の財産があるだけでなく借金だけが残されたケースであっても何らかの対応をする必要があります。
特に遺言書がなかったケースなどは弁護士に相談をした方がもめずに相続の話しを進めることができるかもしれません。

pickup


ペンライト オリジナル


最終更新日:2019/4/25


TOPへ

『税理士 相続』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/olam6tg3/tchernolille.com/souzoku.html on line 87
Copyright(C) 2015 税理を考える All rights reserved.